TOP >  商品情報 >  浄化槽 >  小規模浄化槽 >  KTG型 > 機能

機能

独自の3つの機能を組み合わせ、高い処理性能とともに、既設単独処理浄化槽の合併転換が容易なサイズを実現。

1. 汚泥貯留機能の向上
沈殿分離部と汚泥貯留部から構成される沈殿分離槽を新たに設け、汚泥を濃縮しながら効率的に貯留します。
2. ピークカット機能の追加
沈殿分離槽と嫌気ろ床槽の上部にピークカット部を設けました。汚水を一定量以下に調整して移送することで、性能の安定化を図っています。
3. 生物ろ過機能の強化
接触ばっ気部と生物ろ過部から構成される好気ろ床槽を採用。汚水が接触ばっ気部と生物ろ過部を常時移流することで、有機物の分解とSS(浮遊物質)除去機能を向上させています。

KTG型 内部

  1. 1沈殿分離槽(沈殿分離部) 流入水に含まれる固形物や生物ろ過部の逆洗排水に含まれるSS(浮遊物質)などを分離し、堆積した汚泥を汚泥循環エアリフトポンプで汚泥貯留部に移送。沈殿分離部の底部は、汚泥を集めやすいように三面をホッパー形状にしてあります。
  2. 2沈殿分離槽(汚泥貯留部) 槽内にはろ材を充填してあり、沈殿分離部から移送された汚泥をばっ気処理して、汚泥の減容を図りながら貯留します。
  3. 3嫌気ろ床槽 固形物やSS(浮遊物質)などを分離貯留します。ろ材には嫌気性微生物が付着し、有機物の嫌気的分解および脱窒を行います。
  4. 4ピークカット部(ピークカット移送エアリフトポンプ) 沈殿分離槽と嫌気ろ床槽の上部にピークカット部を設けてあります。嫌気ろ床槽の流出部に搭載したピークカット移送エアリフトポンプで、汚水を一定量以下に調整して移送します。
  1. 5好気ろ床槽(接触ばっ気部) 沈殿分離槽槽内にろ材を充填してあり、底部の散気管からばっ気を行います。ろ材には好気性微生物が付着し、有機物の好気的分解およびアンモニア性窒素の硝化を行います。
  2. 6好気ろ床槽(生物ろ過部) 槽内に筒状担体を充填してあり、SS(浮遊物質)をろ過・除去するとともに、担体に付着した好気性微生物によって有機物の好気的分解およびアンモニア性窒素の硝化を行いま担体の外観微生物付着前す。生物ろ過部の逆洗は、ブロワのタイマー制御により1日3 回自動で行います。
  3. 7処理水槽 処理水を貯留します。また、循環逆洗エアリフトポンプで処理水を沈殿分離部に移送します。
  4. 8消毒槽 処理水を消毒剤と接触させて消毒を行います。

浄化槽

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ