TOP >  商品情報 >  ガス給湯器 >  WFシリーズ(カベピタ) > カベピタを使った浴室リフォーム

カベピタを使った浴室リフォーム

カベピタを使った、浴室リフォームパターン

水回り箇所の寿命はリビングなどに比べ寿命が短いため、ガス給湯器(バランス釜)と一緒に浴室のリフォームを考えるケースが増えています。浴室リフォームの定番はシステムバス(ユニットバス)ですが、バランス釜の入った老朽化した公営団地や民間アパートの場合は、それでは対応できない場合があります。

カベピタ バランス釜からの買い替えに最適な給湯器

在来工法システムバス(ユニットバス)

  • プラン例を見る
  • プラン例を見る

さまざまな点を考えながら、バランス釜の交換時に浴室を見直していきましょう

浴槽も一緒にお取替え

バランス釜からふろ釜をカベピタに交換するだけでも給湯能力が上がる、リモコンで操作が簡単になるなどのメリットがありますが、浴槽も一緒にお取替えする事をオススメしています。
広く、浅型でまたぎやすいお風呂になります。また浴槽にも寿命があるので、この機会に一緒に取替えておけば安心です。

リフォーム時に問題となる、浴室サイズ

老朽化した公団住宅や民間アパートの場合、システムバス(ユニットバス)の規定サイズが入らない場合が多くあります。また仮に入ったとしても、システムバスの場合は壁の裏側に配管スペースが必要となるため、現在の浴室より狭くなってしまいます。
この場合はガス給湯器と一緒に古くなった浴槽を交換、また浴室全体を替える場合はユニッテリアが最適です。

清掃性や保温性に配慮を

タイル張りの床は汚れ、特に目地のつなぎ目のカビなどは落としにくいものです。一般的にシステムバス(ユニットバス)の床は水はけや乾きが良く、清掃性に優れています。またタイル張りの床の冷たい感じもありません。
浴槽だけを取替える場合も、温風を吹き出すタイプなどがあり、床面を暖めておけます。

機器類を便利に

カベピタの標準機能だけでバランス釜の約2倍の強力シャワー、ボタンひとつでお湯張りができるなど便利な機能が付いています。
システムバス(ユニットバス)は水栓を替えるなどよりお好みの浴室が実現していけます。また握りバーを付けるなど、バリアフリー対策もできます。

ガス給湯器

サポート情報
WEBカタログ
カタログ請求
ショールーム
営業所一覧
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CAD図面、各種設置資料、設定書類などのビジネスサポート

エコジョーズ化宣言

低炭素建築物認定制度

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ