TOP >  お客様サポート >  道具を正しく使おう バスルーム

道具を正しく使おう バスルーム

洗剤

使える洗剤類

洗剤はおもに界面活性剤のはたらきで汚れを化学的に分解し落とします。
クレンザーなどのみがき粉は化学的な分解で落ちない汚れを落とすために使用します。
汚れの種類にあわせて使いわけてください。

浴室用中性洗剤

機器のリモコンパネルなど、石けんかすが付きにくい樹脂製品のお掃除に使用します。
浴室用中性洗剤より成分が部材にやさしいのでいろいろ活用してください。

台所用中性洗剤

皮脂や石けんかすの付きやすいところ(浴槽、床、壁など)のお掃除に使用します。
中性と表示されていても、部材をいためる成分が含まれているので、使ったあとは洗剤をしっかり洗い流してください。

クリームクレンザー

くもり止め加工のない鏡に汚れが変質してこびり付いてしまい、洗剤では落ちなくなってしまった汚れを落とすために使用します。

※くもり止め加工鏡や他の部材には使用しないでください。

使ってはいけない洗剤類

かび取り剤(漂白剤)

塩素系のかび取り剤は、かびを分解するための成分が強力で、正しい使い方をしないと部材を傷めてしまいます。
とくにパッキン、目地、コーキング材などバスルームの防水に重要な役割を果している樹脂部分は、すぐに傷んでしまいますので、かび取り剤は使用しないでください。

  • みがき粉などの粒子の粗い洗剤
  • 酸性・アルカリ性の洗剤
  • 塩素系洗浄剤
  • 漂白剤
  • シンナー
  • ベンジン

注意 固形または粉末の塩素系洗浄剤・漂白剤は、使ったり近づけたりしない。
金属やゴムが腐食・劣化して水漏れの原因になります。

使ってはいけない洗剤類

かび取り剤(漂白剤)

洗剤は使い方を間違えると部材を傷めたり、人の体に有毒なものになってしまいます。気をつけて使いましょう。

  • 使う前には必ず容器の説明書を読んでください。
  • 洗剤は混ぜて使わないでください。
  • 使ったあとは、洗剤の成分が残らないようにしてください。
  • 使うときはゴム手袋をしてください。

お掃除道具

使えるお掃除道具

バスルームの素材にあわないお掃除道具を使うと、表面に傷がついたり、故障の原因になります。
部位ごとに適した道具を揃えてください。

柔らかいスポンジ

いちばんよく使います。浴槽のような大きな部品をお掃除するには、手に余るくらいの大きなものが便利です。
台所で使う、裏面にナイロンたわしのようなスポンジがあるものは使わないでください。

柄のついたスポンジ

天井などの手の届かないところのお手入れに使います。

割りばし

ドアの下枠にたまった汚れをかき出したり、とり除くために使います。

ゴム手袋

手を保護するために使います。
洗剤を使うときは必ず用意してください。

歯ブラシ

水栓のストレーナーなど小さな部品を掃除するときに使います。
使い古して捨てる直前の、毛先がはみ出しているものが最適です。

柔らかい布(古タオル)

水栓本体を磨いたり、照明のカバー(グローブ)や、機器のリモコンパネルを拭いたりするときに使います。

使ってはいけないお掃除道具

ナイロン・スチールたわし 毛先の硬いブラシ たわし 高機能スポンジ(メラミンフォーム製スポンジ)

頑固な汚れは、たわしのような硬い毛先のブラシ類でゴシゴシこすってしまいがちですが、部材の表面を傷つけてしまうので、使わないでください。
また、洗剤を使わず水だけで汚れを落とす高機能スポンジ(メラミンフォーム製スポンジ)は、長く使うと光沢がなくなってしまいますので、使わないようにしてください。

  • ナイロン・スチールたわし
  • 毛先の硬いブラシ
  • たわし
  • 高機能スポンジ(メラミンフォーム製スポンジ)

ご利用の商品について

ご利用の商品によっては、お手入れ内容や頻度が異なる場合があります。お手入れ方法の詳細については、
お手持ちの取扱説明書をご覧ください。
また取扱説明書ページより、各取扱説明書がご覧いただけます。

お客様サポート

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

低炭素建築物認定制度・住宅性能表示制度

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ