TOP >  お客様サポート >  汚れを知ろう バスルーム

汚れを知ろう バスルーム

部位ごとの汚れと、原因や予防についてご紹介します。

1.天井 2.目地・コーキング部 3.壁 4.浴槽 5.排水まわり 6.ドア 7.換気扇類 8.照明 9.器具類 10.鏡 11.水栓 12.カウンター類 12.床(洗い場)

1.天井

おもな汚れ
ほこり、かび
気をつけること
お手入れをしたときの天井に付いた洗剤を洗い流すためのシャワーは、換気扇などの機器にかからないようにしてください。

2.目地・コーキング部

おもな汚れ
かび、水あか
気をつけること
石けんかすなどの汚れを放っておくと、かびが生える原因になります。
また、お手入れで取れないかびがついた場合は、目地の交換またはコーキングの打ち直しが必要になります。

3.壁

おもな汚れ
かび、飛び散ったシャンプー
気をつけること
飛び散ったシャンプーなどの洗浄剤を放っておくとかびの原因になります。

4.浴槽

おもな汚れ
湯あか、もらいさび
気をつけること
硬いスポンジやブラシ、クレンザー(みがき粉)などを使うと傷が付きます。
また、ヘアピンなどを置きっぱなしにすると、もらいさびが付いてしまいます。

5.排水まわり

おもな汚れ
髪の毛などのごみ、ぬめり
気をつけること
髪の毛が排水トラップにたまったままにしておくと排水しにくくなります。

6.ドア

おもな汚れ
かび、飛び散ったシャンプーなどの洗浄剤
気をつけること
飛び散ったシャンプーなどの洗浄剤を放っておくとかび、ぬめりの原因になります。
パッキンにかびが生えると落ちにくくなります。

7.換気扇類

おもな汚れ
グリルに付くかび、フィルターのごみ
気をつけること
グリルを外して洗うときは電源(スイッチ)を切ってください。

8.照明

おもな汚れ
カバー(グローブ)に付くかび
気をつけること
カバー(グローブ)を外して洗うときはスイッチを消してください。

9.器具類

おもな汚れ
水滴のあと、かび
気をつけること
器具を壁に取り付けた部分にたまる水分やほこりを放っておくと頑固な汚れの原因になります。

10.鏡

おもな汚れ
飛び散ったシャンプー、水滴のあと
気をつけること
飛び散ったシャンプーなどの洗浄剤を放っておくと水あかの原因になります。
くもり止め加工鏡においては汚れがたまると、くもり止め効果が落ちる原因になります。

11.水栓

おもな汚れ
水栓本体:水滴のあと・ストレーナーの目詰まり
ホース:かび
気をつけること
水滴のあとはそのままにしておくと頑固な汚れになって落しにくくなります。

12.カウンター類

おもな汚れ
水あか、シャンプーなどの洗浄剤や化粧品の液だれ
気をつけること
シャンプーなどの洗浄剤の液だれを放っておくとかび、ぬめりの原因になります。
クレンジングオイルや整髪料の液だれを放っておくとカウンターの表面を傷めるおそれがあります。

13.床(洗い場)

おもな汚れ
湯あか、石けんかす、シャンプーなどの洗浄剤
気をつけること
汚れがたまったままにしておくと床の水はけが悪くなります。

ご利用の商品について

ご利用の商品によっては、お手入れ内容や頻度が異なる場合があります。お手入れ方法の詳細については、
お手持ちの取扱説明書をご覧ください。
また取扱説明書ページより、各取扱説明書がご覧いただけます。

お客様サポート

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

低炭素建築物認定制度・住宅性能表示制度

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ