Housetec

MENU

リリース・お知らせ

洗面化粧台をモデルチェンジ。2月15日、収納力を充実させた「COCOSH(ココッシュ)シリーズ」を新発売

2019年02月01日

株式会社ハウステック(本社:群馬県高崎市 取締役社長山口晃)は、長い間ご愛顧いただいた普及価格帯洗面化粧台「ラヴァーボ」シリーズをフルモデルチェンジし、2月15日から新商品「COCOSH(ココッシュ)シリーズ」の販売を開始いたします。

価格は、間口75cmMAX収納タイプで315,700円(組立費、消費税別)

plan05_1103.jpg

 

製品サイト:http://www.housetec.co.jp/products/sink-toilet/cocosh/index.html

 

ココッシュシリーズの主な特長

1.たっぷりかしこい収納力と充実の収納アイテム

 

ココッシュシリーズは収納力に自信をもったモデルです。フロアキャビネットは収納力を最大限にすることを追求した仕様です。
新デザインボウル「らくーんボウル」を採用することによって生まれたフロアキャビネット内の空間を、収納スペースとして活用しました。
これにより間口75cmの「MAX収納タイプ」で最大約111リットル(当社従来品(ラヴァーボ)比199%)、平置面積約0.6平方メートル(同171%)、総耐荷重約40kg(同167%)を実現させています。
(*注 間口75cm・MAX収納タイプ・体重計収納つき)

 

48.jpgのサムネイル画像

【化粧台の収納物例】

 

CCS_0024.jpgのサムネイル画像

 

また、アイロンをそのまま置ける「ホッとラック」、小物の収納に便利な「ちびマルBOX」を装備し、化粧台まわりの使い勝手も向上させました。

 

【ホッとラック】
 

CCS_0021.jpgのサムネイル画像

2.機能美の「らくーんボウル」

 

ココッシュシリーズは意匠と機能を追求した新デザインの「らくーんボウル」を搭載しました。

CCS_0003_キリヌキ修正.jpgのサムネイル画像


アクセサリーやスマホがボウル内に滑り落ちるのを防ぐ「アラウンドステップ」、ハンドソープなどをボウル手前に置ける「ウェットエリア」は、お子様にも使いやすい設計です。

 

【アラウンドステップ】

 

CCS_0005.jpgのサムネイル画像

 

【ウェットエリア】

 

CCS_0006.jpgのサムネイル画像



水はねをしっかり受け止める背の高いバックガード、バックガードに直接取り付けられた「すきっと水栓」は水栓まわりにみずたまりができません。

 

CCS_0008.jpg

またオプションで、はっ水性・はつ油性に優れたコーティング「超はじくリンコート」を施したボウルを選ぶことができます。

 

3.すっきり収納の工夫が詰まった三面鏡

新設計の三面鏡には収納するものに合せて、3cm刻みで高さを調整することができるスライドトレーを設けました。

001.jpg

 

 

また化粧台まわりの家電品の収納と充電に便利な「コードパス」を左右収納の仕切りに設けました。
 

CCS_0013.jpg

そのほか「BOXティッシュ収納」「ドライヤーフック(オプション)」など、すっきり収納にこだわるアイテムを装備しました。

 

4.豊富な扉デザイン

 

当社システムキッチン「カナリエ」シリーズと同じ3グレード、10シリーズ、38柄の扉をラインナップしました。

 

MAX収納タイプの価格・仕様例

間口 主な仕様 基本価格
75cm フロアキャビネット:MAX収納タイプ
ミラー:スリムLED三面鏡
水栓:すきっと水栓(壁出し、メッキ、節湯区分C1)
扉・取っ手:扉B・ハンドル取っ手
オプション:体重計収納、ワイヤーラック

315,700円

(組立費、消費税別)

 

 

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社ハウステック 管理本部 関(せき)
TEL.027-395-0347

一覧に戻る