Housetec

MENU

先輩社員からのメッセージ

営業部門(集合住宅担当)
藤村 直輝

営業 藤村 直輝

仕事の内容について教えてください

私は主に首都圏で集合住宅向けのシステムバスルームの営業活動を行っています。
主な業務内容としてはディベロッパー(開発業者)・ゼネコン(建設業者)・設計事務所に対して商品の提案から刈取りまでを行っています。打ち合わせ前に提案資料や参考図面を準備し、ホームページなどで過去の施工物件を調べ、お客様がどの様な目的でマンションを開発・販売されるかのイメージを事前に掴み、使い勝手の良い収納を使った商品など、お客様のニーズに合った提案を考えます。
打ち合わせの中での細かな要望や、集合住宅業界の情報などは社内の設計部門・施工部門・工場へフィードバックを行い、新商品の開発提案や情報共有に努めます。

なぜハウステックに入社したのですか?

学生時代から建築物を鑑賞することが好きで将来はものづくりに関わる仕事がしたいと考えておりました。大学卒業後は舞台製作会社で働いていましたが、普段の生活に密接な住宅設備に興味を持ち、転職活動を決意しました。
転職活動に当たって、ブランドネームよりも実際に商品や働いている方の雰囲気を見たいと思い複数の住宅設備機器会社のショールームを見学に行きました。当時のハウステックのショールームは、今のようにヤマダ電機店舗内ではなく幹線道路脇にあり、また、エンドユーザー向けではなく業者様向けでしたが、アポイントの有無に関わらずとても親切に接客して頂いたのを覚えています。
営業職は全くの未経験でしたが、面接で住宅業界や仕事の様子を教えて頂き入社にあたっての不安が少なかったところも決め手になりました。

仕事のやりがいはなんですか?

集合住宅は戸数が多く、一つの物件でも取引金額が大きくなる場合もあります。
大規模案件は他社とも競合が激しいですが、採用が決まった際は達成感が大きいです。
無事に竣工した現場を見ると住宅の一部ではありますが、担当として職務を全うしたという自信になります。
また、物件毎に多くの業者様とお会いしますが、一つひとつの作業を丁寧に対応することで信頼関係を築き、お客様に顔と名前を覚えて頂き、1人の社会人として接して頂けることにやりがいを感じます。商品を売るだけではなく、お客様からシステムバスルームのプロとして意見を求められるので、より良い物件の開発に携わることが出来ます。
一つの製品に設計部門・施工部門・工場といった多くの人が関わっているので、常に会社の顔として営業をしているという社内に対する責任感も感じています。

将来の目標を教えてください

業務は“会社 対 会社”ですが、人と人との信頼関係で成り立っているので一つひとつ丁寧に対応して契約の拡大に繋げていきたいと考えています。
また、個人的には仕事だけではなく、学生時代より続けているバンド活動も充実させてライフワークバランスのとれた日々を送るために、日常業務に目的意識を持ち、割り振りを決めて働くようにしたいと思います。

就職活動をしている方(学生)へのメッセージ

ものづくりをしたいと考え、とにかく飛び込んでみようと思い前職に入社しました。
転職してからも、たくさんの人に支えられて1人の社会人として毎日勉強しています。
学生時代には感じることのなかった大きな責任感や達成感を感じています。当社には社内に経験の多い先輩方がたくさんいるのが魅力です。入社すると困ったり迷ったりすることもあると思いますが、1人で抱え込まずに相談して解決していきましょう。

一覧に戻る