Housetec

MENU

こんなところにハウステック

Vol.1 ハイバッキー編 こんなところにハウステック!?

ハウステックの浄化槽は、地球の水環境保全に貢献しています

ハイバッキーといえば、家庭用の合併処理浄化槽をイメージする方がほとんどかと思いますが、ハウステックでは、5人槽から2000人槽までの商品を取り揃えております。そこで今回は、51人槽以上の大型合併処理浄化槽についてご紹介させていただきます。
ハウステックでの浄化槽の歴史は古く、昭和39年に小型浄化槽の生産を開始し、昭和41年には建設大臣認定の第一号取得しております。FRPの成形技術を生かし、大型の合併処理浄化槽は、昭和48年に生産開始いたしました。

南極昭和基地

地球に残された最後の聖域といわれる南極大陸で、ハウステックの浄化槽は活躍しています。昭和基地には、管理棟や居住棟があり、そこから排出された生活排水を、当社の浄化槽が設置してある汚水処理棟に移送し処理しています。
浄化後発生する汚泥は焼却し、灰を持ち帰っています。

浄化槽型式:JT2-6P(放流水質:BOD20mg/L)槽の長さが、約5mのものを、2槽組み合わせたものです。

結城工場出荷は、平成8年10月、観測船「しらせ」で南極まで運び、平成9年から汚水処理施設の工事に着手し、平成11年から運転開始しました。

尾瀬国立公園

尾瀬は、平成19年8月に国立公園に指定され、学術的価値が高く、ほぼ全域が国立公園特別保護地域および天然記念物に指定されています。このような自然の宝庫である尾瀬にハウステックの浄化槽は、自然保護、環境保全に貢献しています。山小屋に設置した浄化槽で処理された汚水は、パイプラインで湿原への影響が少ないところまで運ばれ放流されています。

浄化槽型式:HN2-48A12-96P放流水質:BOD20mg/L人槽:480人槽汚水量:96㎥/日

平成4年8月(ペリコプターで搬入しました)全部で12本の槽を組み合わせたものです。

コストコ入間倉庫店

コストコホールセールは、最近、奥様方から高い支持を受け全国に展開している会員制倉庫型小売チェーンです。アメリカから日本への最初の出店は福岡で、現在9つの倉庫店を出店しています。ハウステックの浄化槽は、平成20年4月にオープンした埼玉県入間市の店舗へ設置されました。

浄化槽型式:HNR1-51B6-100GPB放流水質:BOD10mg/L人槽:501人槽汚水量:100㎥/日

全部で6本の槽を組み合わせたものです。この浄化槽は、高度処理タイプであり、放流水質:BOD10mg/Lの処理能力があります。コストコの様に、店内に調理場を有することに伴う高負荷の汚水に適した浄化槽です。

今回は、ハウステックが浄化槽を納入した実績の中から、特に有名な場所のみ紹介させて頂きましたが、合併処理浄化槽は、皆さんが日頃利用する「ファミリーレストラン」「ファーストフード店」「コンビニ」「ゴルフ場」等に納入しています。そのような施設を利用したときには、駐車場や建屋の裏側等にあるマンホールを確認してみてください。「ハウステック」が記されているかもしれません。

※BOD(Biochemical Oxygen Demand):水中に増殖した微小な生物が、有機物を一定条件下、一定期間内に酸化分解することによって消費した溶存酸素量

一覧に戻る