TOP >  リフォームスタイル > リノベーションとは? - リフォーム豆知識

リノベーションとは?

リフォームとリノベーションの違いとは?

近年注目されている住宅のリノベーションですが、実はその定義は明確ではありません。
リフォーム="古くなった建物を改修する、新しい設備に入れ替える"
リノベーション="建物に新たな付加価値をつけ、生まれ変わらせる"

一般的にはこういった説明がされる場合が多いようです。
どちらも老朽化した住宅(建物)を改修するのは同じですが、リノベーションの場合はそれをキッカケにして、居住者が全く違うライフスタイルを手に入れる事も可能です。

リノベーションに必要なこと

リフォームの場合は改修する部屋や場所、入れ替える設備など主にハード面から考えます。
一方リノベーションは、まず"自分の理想の暮らし"をイメージする事から始めます。
「家族や友人が頻繁に集う、賑やかな家にしたい」
「落ち着いた空間で、のんびりとした毎日を過ごしたい」
「家事と仕事を両立できるよう、便利さを優先したい」
「デザイン性を重視した、個性あふれる空間にしたい」など。
思い描く理想のライフスタイルを発注先にきちんと伝え、設備もそれに合うものかどうかを基準に選んでいく必要があります。

メリットとデメリット

リノベーションは家そのものを建て替えること無く新しい生活を目指せますので、新築に比べコストは低くなります。また、オーダーメイドなのでご家族ごとにカスタマイズされた暮らしを手に入れる事が可能です。この二点は、大きな魅力といえます。
けれども、良い事ばかりではありません。
構造体(建物)そのものに手を加える訳ではありませんので、間取りを変える場合にもその制約はあります。また新築に比べてコストが抑えられるとはいえ、通常のリフォームよりは多くの費用がかかります。工事期間もある程度見なければなりません。
これらを考慮して、自分に合う方法かを見極めていく必要があります。

集合住宅でもリノベーションに注目

賃貸を目的としたアパートやマンションをお持ちのオーナー様は、古くなった箇所をリフォームして入居者を募っていますが、それも以前ほど効果的では無くなってきました。
これは少子化などで入居希望者が少なくなってきたというだけでなく、生活者の好みやライフスタイルが変化している事とも無関係では無いとされています。
建物の修繕や住宅設備の入れ替えだけでなく、流行を取り入れた空間として再生する事で入居希望者が倍増した、という例も多く報告されています。

視野を広げ、より快適な暮らし方を

キッチンや浴室、リビングなどを中心に語られる事が多いリノベーションですが、"理想の暮らし方"という視点で考えると「省エネで環境にやさしい暮らしがしたい」という希望もあるかもしれません。
オール電化に必須なエコキュートやIHヒーターは消費電力が大きいと考えられがちですが、通常の使い方であればそれほど多くの電力は使用しません。また災害に弱いイメージがありますが、太陽光発電と組み合わせる事で外部からの供給が止まった場合でも、自立運転が可能です。
"ライフスタイルのイメージ"というとデザインや機能など目に見えるものに偏りがちですが、視野を広げることでより価値のあるリノベーションも可能になります。

リフォームスタイル

システムバス フェリテプラス

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ