TOP >  商品情報 >  浄化槽 >  小規模浄化槽 >  KTG型 > 省スペース・省電力

省スペース・省電力

新たな処理方式を採用し、省スペース化を実現しました。

汚泥濃縮とばっ気による生物処理を行い、汚泥の発生量を抑制することで、浄化槽本体の省スペース化を実現しました。

フローシート

支柱工事不要なため、工期短縮と
コストパフォーマンスに貢献します。

DCPD(ジシクロペンタジエン)樹脂を使用することにより品質と強度の向上を図りました。これにより、戸建住宅の駐車場下設置の場合、車両総重量2.0トン以下の自動車で、積雪1m以下の地域では従来必要だった支柱工事が不要になります。
(支柱レス工事については、行政指導に従ってください。)
※(財)日本建築センターFRP評定取得済

ポンプ槽一体型をラインアップ。
狭い敷地の設置にも有効です。

浄化槽の設置で放流管底が低くなってしまう場合に必要となる放流ポンプ槽を、浄化槽本体と一体化しました。ポンプケーブルは、長尺(10m)、耐塩素型を使用しています。

いままでは
  • ●段差付基礎コンクリートが必要
  • ●設置面積は大
これからは
  • ●本体とポンプ槽の接続配管不要
  • ●簡単な掘削形状
  • ●コンクリート使用量低減

省エネ基準に適合するブロワを新たに開発しました。

消費電力は国の省エネ基準※をクリアした2 口タイプブロワを採用。低炭素社会対応型浄化槽集中整備事業の対象となります。
※省エネ基準 5 人槽:52W以下/7 人槽:74W以下

浄化槽

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ