TOP >  商品情報 >  浄化槽 >  小規模浄化槽 >  KBR1型 > 特長

ハイバッキー KBR1型 特長

業界トップクラスの処理性能で、厳しい基準値にも対応。

独自の構造と新発想の処理方式で、安定した放流水質を実現。

  1. KBR1型 内部
    1循環用バルブ 循環用バルブ担体流動槽から嫌気濾床槽第一室への循環水量は、循環用バルブで調整します。バルブの開度で調整しますので、メンテナンスが容易です。
  2. 2嫌気濾床槽第一室「網様円筒状濾材」 網様円筒状濾材汚水中の固形物や夾雑物を分離貯留します。濾材には嫌気性微生物が付着し、BODの低減と窒素の除去が行われます。
  1. 3嫌気濾床槽第二室 「ヘチマ様板状濾材」 ヘチマ様板状濾材第一室で処理された汚水は、更に第二室でBODの低減と窒素の除去が行われます。第一室と第二室の濾床上部には流量調整部を確保し、第二室の出口に設けた流量調整装置により次の担体流動槽に移送されます。
  2. 4担体流動槽 ブロワの空気を槽底部の散気管から吐出、汚水中に空気を溶け込ませます。筒状担体が槽内を流動し、担体に付着する好気性微生物により汚水をさらに浄化(有機物の酸化とアンモニア性窒素の硝化が行われます)。槽内の水は循環エアリフトポンプにより嫌気濾床槽第一室に戻され(循環)、繰り返し浄化運転を行います。
  3. 5担体濾過槽 担体の外観微生物付着前担体流動槽と同じ筒状担体を槽内に充填、浮遊物質の濾過を行います。担体濾過槽の逆洗は、1日2回、ブロワのタイマーにより自動で行います。
  4. 6消毒槽 担体濾過槽からの流出水を消毒剤に接触させて消毒します。

ブロワは1 台でメンテナンスも簡単

消費電力は国の省エネ基準※をクリアした2 口タイプブロワを採用。低炭素社会対応型浄化槽集中整備事業の対象となります。
※省エネ基準 5人槽:52W以下/7人槽:74W以下/10人槽:101W以下

BOD 10mg/L, T-N10mg/L, SS10mg/Lの高度処理浄化槽。
高度な窒素除去性能で、水域の富栄養化対策にも貢献。

嫌気濾床・担体流動生物濾過方式と安定した流量調整機能により、最高水準の窒素除去性能(T-N10mg/L以下)を実現。

設置の際、補助が受けられます

工場生産浄化槽としての国土交通大臣の型式認定を取得しています。更に全国合併処理浄化槽普及促進市町村協議会(全浄協)に補助金対象品として登録されていますので設置の際、市町村が実施している補助金等が受けられます。また、高度処理浄化槽は上積み補助もあります。(未実施の市町村もあります)

浄化槽

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ