TOP >  商品情報 >  ガス給湯器 >  WFシリーズ(カベピタ) > カベピタ モデルチェンジ機種の特長

カベピタ モデルチェンジ機種の特長

業界初の発売から進化を続ける、カベピタシリーズ

特長1:エコジョーズタイプで業界初となる中和器を内蔵。施工性が向上しました

熱回収の際に発生してしまう酸性のドレン水処理用の「中和器」。
従来品ではこれを外付けせざるを得ませんでした。しかし今回のモデルチェンジにより機器本体の内部構造の最適レイアウト化を実現。
内蔵することに成功しました。
また、これまで浴槽の循環金具に設けていた「水位センサー」も同様に内蔵することで機器の設置自由度の向上、現地での取付け工事の簡素化を実現しました。さらに潜熱回収用熱交換器のコンパクト化と、排気部の静音化を追求することで構造の最適化を実現。
本体貫通部寸法は従来品と同寸法、外観は非エコジョーズ品と変わらない製品となっています。

特長2:エネルックリモコンで省エネの見える化を実現

ガス給湯機器で使用したガスや水道の使用量・CO2の排出量(目安)を親しみやすいキャラクターでお知らせするエネルックリモコンによって、使用状況をわかりやすく管理できます。

エネルックリモコン表示

特長3:浴室暖房機能を搭載する16号フルオートタイプも、エコジョーズ機種に

冬場の寒い浴室での急激な温度差による脳卒中や心筋梗塞を引き起こす"ヒートショック"。このヒートショック対策に有効な浴室暖房機能をプラスした給湯能力16号フルオートタイプ「WF-S1601ATD」「WF-S1601ATDL」をエコジョーズタイプにモデルチェンジしました。

エコジョーズ

特長4:さらに省エネ機能も充実

給湯熱効率は従来同様95%を確保。追焚熱効率は従来品の76.5%から80%へ向上し、総合効率91.5%を達成しました。
さらに、省エネ、CO2削減による環境配慮に貢献する機能として「エコ運転モード」を搭載、給湯やシャワー湯量を一定量以上出ないよう自動的に制御したり、お湯の連続使用を電子音でお知らせするなどの節約をサポートする機能も備えています。

リモコン画面

新規追加機種

エコジョーズ 給湯専用タイプ

モデルチェンジ機種

エコジョーズ フルオートタイプ WF-S1601AT WF-S1601AT-C WF-S1601ATL KR-271V

浴室暖房+エコジョーズ フルオートタイプ WF-S1601ATD WF-S1601ATD-C WF-S1601ATDL KR-270V

機種の詳細はこちら

ガス給湯器

カタログの閲覧・請求

カラーシミュレーション

ハウステック動画

ハウステックのご案内

サポート情報
ショールーム
営業所一覧
サービス・メンテナンス
商品に関するお問い合わせ
取扱説明書
CADデータ・各種資料

エコジョーズ化宣言

ウィズガスフェア

YouTube JGKAチャンネル

低炭素建築物認定制度

住宅性能表示制度

掲載している製品の写真や仕様に関して、変更になる場合があります。ご了承ください。
製品の詳しい情報はお問合せください。

このページの先頭へ